ホワイトハウスとは?

事業内容

■輸入車正規販売店
プジョー/シトロエン/DS/BMW/MINI/アルファ ロメオ/フィアット/アバルト/ボルボ/ジャガー/ランドローバー/アウディ/ケータハム/ハイマー

■輸入車総輸入販売元
ポラリス

■二輪車正規販売店
トライアンフ/MV AGUSTA/ドゥカティ/ノートンモーターサイクルズ

■輸入二輪車総輸入販売元
インディアンモーターサイクル

■本田技研工業株式会社製品の販売

■キャンピングカー事業

■オートプラネット事業

■輸入車・二輪車の中古車販売、及びこれらに付随する部品・用品の販売、修理、保険事業等






経営理念


トータルカーライフを通して、お客様に安心と喜びと感動と満足を与え、
より快適でより豊かなライフステージをご提供することが私たちの存在価値であり
企業としての社会的使命である。



社長メッセージ



誰より自分たちが楽しみながら、
車を通じてお客様に喜びを提供する。
それがホワイトハウスです。


代表取締役社長 木村文夫



「For Happy&Happiness」




会社の考え方の根底には経営理念があります。私が社員に普段から伝えているのは「会社の目的」。仕事の目的は経営理念の実現にあると考えるからです。「トータルカーライフを通してお客様に安心と喜びと感動と満足をお届けする」。それをお客様に実感して頂き、そして自分たちも幸せになる。それが企業スローガン「for Happy&Happiness」に込めた想いです。仕事とは喜びの対価です。お客様にとってベストな1台を提案し、心からカーライフを楽しんで頂く。購入する喜びだけでなく、所有する楽しさを提供する。それが私たちの仕事です。お客様に喜んで頂けると自分も嬉しい。そのような価値ある仕事をみんなでしよう!全員がHappyになれるメッセージを絶えず発信しています。

ホワイトハウスは仕事を楽しむ集団です。





最近は「仕事の生産性」がテーマになっていますが、主体的に仕事しなければ生産性は上がりません。だからこそ仕事は楽しむしかありません。数年前に「ホワイトハウスは仕事を楽しむ集団だ」と宣言しました。その結果、一人ひとりに楽しむが姿勢が伝播し、生産性は一気に向上。売上や利益も1.5~2倍の成果が出てくるようになりました。2019年は設立40周年となる大きな節目。社員には「仕事を楽しみ所得を一気に増やそう」と宣言しています。仕事を楽しむというのは全社員が当事者になること。全員で改善案や店舗を盛り上げる意見を出し合いながら、一緒にその目標を実現していきたいと考えています。共に成長できることを楽しみにしています。




整備士はもっと胸を張っていい。



納車をしてからが、私たちの仕事が始まります。車というのは、メンテナンスなしでは安心・安全が担保できません。それを担うのが整備士です。私が整備士によく言うのは、「もっと胸を張れ」ということ。今の車というのはコンピュータの塊で、そう簡単には直せません。私も整備経験がありますが、今の車と当時の車はまったく別物。だから、相当に勉強し腕を磨かなければ車はまともに動いてくれません。整備士はそれをやってのけているわけで、「胸を張れ」というのは、そういう意味です。おごってはいけませんけどね。業界トップクラスの給与を支給したり、ピット環境の整備に投資をしているのは、そうした背景から。だからもっと、技術とプライドを持って胸を張って仕事をしてほしいと考えています。